ラリアット記念日




今日仕事に行ったら毎年恒例防犯ロープレなるものが開店前の店内で開催されていた。


「やったことない人〜〜」って言われてもな、これ去年はカウントされないんだよなァ〜〜
私は「これやるなら掃除してえなあ」と思いながら手を上げたよね、仕方ないよね。
社会に出て働くっていうのはこういうことだってもうそろそろわかってきた。


しかし、今回は設定がやばかった。本当に意味不明だった。

まず犯人役(警備会社の人)が手で本を待ってウロウロする→店員が声かけをする→店員を強行突破する→出口から出る→店長に報告


まず言いたいこととしては
ここは本屋だ!!!本持ってウロウロする客しかいないわ!!!!

万引き犯って商品をカバンいれたりするじゃん????手に持ったまま逃げるって何???
そんなレアな状況ある???ないでしょ???

てか流石に万引き犯も「ご精算お願いします」って言われたら諦めるでしょ!?!?
そこで強行突破する万引き犯って何???意思があまりにも強すぎない???

遠巻きに見守ってたら「もっと後ろをぴったりつけて!!!!」とご指摘が入り
「いや、もうなんだよこれ……わかんねえな……」と声に出してしまった。
ちなみに毎年そう思ってるし多分毎年声に出してる。素直な人間だから。(物は言いよう)


出口に強行突破されそうになったので目の前に立ちふさがって「レジはあちらです!!!!!」ってキレる私。
それをシカトして強行突破してくるのね犯人役が
いやそういう訓練なんだけど!
なんだけど!
わかってはいるんだけど!
この茶番に何の意味があるんだ!?!??
床のホコリを取る方がよっぽど有益な時間では!?!?!






何が起こったかわかんないんだけど次の瞬間私は犯人役にラリアットをぶちかましていた。


もー完全に反射。
脳じゃなくて脊髄。

そして爆笑に包まれる店内。
副店長がめっちゃ笑っていた。いいのか?よくないだろ。
「椿さんwwww捕まえようとしてるwwwww強すぎwwww」という同期の声がした。


警備会社の人も講習たくさんやってきてラリアットかまされたのははじめてだったのかキョトンとしてた。
こんなところで私の反社会的な面が出てきてしまい申し訳ない。

まあ非力な私のラリアットなんてそよ風みたいなもんだと思うから痛くはないだろうし許してほしい。






ロープレが終わった後、店長には「あのー……でも……手は……出さない方がいいよね……危ないし……」とマジレスされた
私は素直に「そうですね……すみません……なんか……勝手に手が出てて……」と答えた

明らかにヤバイ奴である。



優しさとか社会性とかは店の制服を着ていて
客がいるときのみ発動するようなので
これからは十分に注意して真人間のフリをして生きていきたいと思いました。


この店ではもう無理です。ラリアットかましたからな!!!ガハハ!!!(死)









※本当のお客さんにはラリアットしたりしないのでご安心ください。